潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

アロマセラピーは不眠症解消に効果的

 

気持ちの良い眠りを得るためには、
脳がリラックスをして
眠りが自然に誘発された状態になることがポイントになります。

 

 

ストレスで気持ちが落ち着かなかったり、
興奮や緊張した状態では
脳がリラックスすることができないため、
なかなか寝付けなかったり眠ってもすぐに目が覚めてしまいます。

 

 

ですが、仕事や人間関係、家庭の状態によって
精神が安定しないときは、

 

自力で脳をリラックスさせることは難しいものです。
そんな状態を改善してくれるのがアロマテラピーです。

 

 

アロマテラピーは香りによって、
ストレスなどによる脳の緊張状態を
解きほぐして落ち着かせるという効果を持っています。

 

脳が落ち着いてリラックスすると、
体全体を弛緩して睡眠を促してくれるので、

 

アロマテラピーは不眠解消に高い効果があるのです。

 

不眠症に効果的なアロマの使い方

 

アロマテラピーではエッセンシャルオイルを使いますが
エッセンシャルオイルによって不眠へのアプローチが違うので、
自分の状態に合わせて使い分けましょう。

 

ストレスが溜まっている、
精神的に不安定で落ち着かないなどが原因の不眠症には、
リラクゼーション効果が高い
ラベンダーやイランイラン、オレンジスィートなどのオイルがおすすめです。

 

 

不規則な生活習慣で体内時計が狂っている、
生活リズムが乱れがちという方には、

 

脳に刺激を与えてリセットをしてくれる
ペパーミントやローズマリーがいいでしょう。

 

 

うつ病からくる不眠には
不安を和らげるネロリ、

 

冷え性で眠りが浅いという方には
血行を促進するカモミール、

 

気持ちが昂ぶっているときは
鎮静効果のあるマージョラムやカモミール・ローマンが効果的です。

 

 

 

アロマテラピーは、
アロマポットやアロマランプで
エッセンシャルオイルを温める、
入浴剤の代わりにエッセンシャルオイルを入れる、
精製水と合わせてルームスプレーを作るなどの芳香浴が一番効果的です。

 

 

ですが香りに包まれるのが苦手という場合には、
ハンカチに染み込ませたり、
寝具に垂らすという方法もあるので、

 

自分の好みや環境に合わせて取り入れやすいものを選んでください。

 

 

最近では、体への副作用もない睡眠を促進するサプリメントなどもあります。
体への負担を考えれば、体にやさしいサプリメントなどから
始めてみるものおススメです。

 

 

≫私が実際に試してみたサプリはコレ

 

≫不眠症改善までの体験談はこちら