潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

あなたは大丈夫?不眠症チェックシート

不眠症と言ってもその症状はさまざまです。
単に眠れないというだけが不眠症ではありません。

 

 

極端に言ってしまうと、
眠れないという症状は重度の不眠症。

 

ですので、それ以前の症状なら
病院に行かず、自分で改善することも十分に可能です。

 

 

不眠症かどうかを自分で判断するのは難しいですが、
普段から睡眠の状態をしっかりチェックしておくことで、

 

不眠症予備軍か不眠症になっていないかを判断することが出来ます。
不眠症になると健康が害されたり
肌が荒れたり、ひどくなると仕事ができなくなることもあります。

 

まずは不眠症のチェックをしてみましょう。

 

 

不眠症チェック 13問

以下のチェック項目で、
自分に当てはまるものに○をつけてみてください。

 

○の数によって、あなたが不眠症かどうか、
また不眠症の度合いなどをチェックすることが出来ます。

 

 

 

@眠ろうとしても30分以上眠れないということが、
 毎日または週に3回以上ある

 

Aトイレなど理由があって起きるのではなく、
 眠っている途中に何回も目が覚めてしまう

 

B起きる必要はないのに朝早く目が覚めてしまう

 

C睡眠をとっていても、昼間に異常な眠気に襲われる

 

D眠ったのに疲れやだるさが抜けない

 

E時間帯にかかわらず、いつでもどこでも眠ることが出来る

 

F怖い夢や嫌な気分になる夢を頻繁に見る

 

G眠っている最中に痙攣して起きたり、
 体の動きを人から指摘されることがある

 

H睡眠時間は平均5時間以内である

 

I昼間はほとんど家にいる

 

Jコーヒーや緑茶、紅茶など
 カフェインがたくさん含まれる飲み物をたくさん飲む

 

K目覚めが悪く朝起きるのがつらい

 

L眠っていても、小さな音に反応して起きてしまう

 

 

 

○の数が3個未満・・・不眠症の心配はありません

 

○の数が3個以上6個未満・・・不眠症ではないものの、何かきっかけがあれば不眠症が引き起こされる可能性を持っています。

 

○の数が6個以上9個未満・・・ほぼ不眠症の状態なので、不眠症を改善するための対策を行ってください。

 

○の数が9個以上・・・不眠症と思われますので、専門医に相談してください。

 

 

もちろんこの不眠症チェックは
あくまでも判断の目安です。

 

必要以上に心配することはありませんが、
疑いが濃厚な場合は早めに対策をおこなっていきましょう。

 

 

 

最近では、体への副作用もない睡眠を促進するサプリメントなどもあります。
体への負担を考えれば、体にやさしいサプリメントなどから
始めてみるものおススメです。

 

 

≫私が実際に試してみたサプリはコレ

 

≫不眠症改善までの体験談はこちら