潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

不眠症を病院で治す 治療方法は

眠気はあるのに眠れない、
眠りが浅い、眠っても疲れやだるさが残っている、
というような症状があれば、
それは、あなたに「睡眠障害が起こっている」可能性が高いと言えます。

 

 

睡眠障害は、いわゆる不眠症と呼ばれるものですが、
症状の度合いは人によって全く違います。

 

ですので、ネットなどで調べても
自分が本当に不眠症かどうかを判断するのは難しいでしょう。

 

また、人に相談したとしても、
「単に眠れないというだけでは?」と軽く考えられてしまい、
「眠るための疲れが足りない」としか捉えられないのが一般的です。

 

 

ですので、きちんとした睡眠を取れない状態が続くのであれば、
やはり病院で診察を受ける必要があります。

 

 

睡眠障害の診察を受ける場合は、
心療内科や精神科というのが一般的ですが、
最近は睡眠障害の治療を専門にしたクリニックなども増えています。

 

不眠症の専門的な医療機関で受診するのもいいでしょう。

 

 

睡眠障害というのは、
生活習慣から起こっているのか、
精神面から起こっているのか、
他の病気によるもなのかによって、
治療法がまったく違ってきます。

 

 

生活習慣によるものでしたら、
正しい睡眠習慣を身につけるように指導されたり、
「高照度光療法」といって、
光を一定時間照射して
正しい睡眠時間帯に矯正するという治療法を行います。

 

 

不眠症が病気によって引き起こされているのであれば、
その病気を治すことで不眠症も治せるので、
原因となる病気の治療を行います。

 

ただし、現在行われている治療の中で
もっとも多いのは、薬物治療です。

 

薬物治療で使われる薬は、
脳の活動を鎮めるタイプと
睡眠と覚醒のリズムを整えるタイプの2種類があります。

 

 

ただ、おおまかなタイプは2種類ですが
実際に効果がある薬の種類はたくさんあるので、

 

不眠症の症状や体の状態に合わせて
複数の薬を服用するというのが一般的です。

 

 

薬物治療は即効性があるので、
飲み続けていれば不眠症を改善出来るメリットがあります。
しかし、それは根本的な治療ではなく対処療法となります。

 

ですので、薬を飲み続けると副作用が起こったり、
依存症によって薬がやめられないというデメリットもあるので、
いくら医師が処方する薬でも
自己責任において服用しなくてはいけません。

 

 

最近では、体への副作用もない睡眠を促進するサプリメントなどもあります。
体への負担を考えれば、体にやさしいサプリメントなどから
始めてみるものおススメです。

 

 

≫私が実際に試してみたサプリはコレ

 

≫不眠症改善までの体験談はこちら