潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

睡眠薬「デパス」とは?

「デパス」は、他の睡眠薬と違い、
精神安定効果も高いのが特徴の睡眠薬です。

 

特に、うつ病が原因で睡眠障害が起こっている場合には、
精神症状の緩和と同時に
不眠を解消する効果があるため、
デパスが処方されることがあります。

 

また睡眠不足になると体調が悪化したり、
疲れが取れないので
イライラするなど精神の状態が不安定になることもあるので、

 

精神症状が顕著な睡眠障害の場合でも処方されます。

 

 

 

デパスは服用すると
不安から解放されるので落ち着くことができますが、
この効果はあくまでも一時的なもの。

 

ですから、睡眠障害の根本的な解決にはならないのは
ハルシオンやマイスリーと共通しています。

 

 

 

また、デパスは入眠剤としての効果があるものの、
ハルシオンやマイスリーのような
即効性の高い睡眠導入剤ではありません。

 

睡眠薬としての効果は比較的低いのですが、
その分、体への安全性は高いと言われています。

 

 

デパスの副作用は?

しかし、安全性が高いと言われているデパスにも、
やっぱり副作用はあります。

 

ハルシオンやマイスリーほど重度のものではないにしても、
いろんな種類の副作用があるのがデパスの特徴とも言えます。

 

 

まず神経系の副作用。
軽いものだと、ふらつきやめまい、頭痛などが挙げられますが、
重度になると歩行失調や言語障害などが起こります。

 

次に悪性の症候群が発症することも多く、
白血球の増加、嚥下困難、発熱、動悸、脈拍数の増加などが
起こることも少なくありません。

 

 

最も怖い副作用は、デパスは睡眠薬の中でも特に依存性が高いので、
服用をやめるとリバウンドや不眠が再発するだけではなく、

 

幻覚や妄想、痙攣発作などが引き起こされることもあります。

 

 

ハルシオンやマイスリーと比較をすれば
体への安全性が高く、効き目も穏やかという優しい印象のデパスですが、
副作用はとにかくたくさんあり、
しかも依存性が高いので止めることもできなくなる可能性があります。

 

デパスを服用しても、睡眠効果に持続性はないですし、
不眠症を根本的に治す薬ではありません。

 

 

睡眠障害の症状が辛くても
体のためには他の治療法で改善していくほうが安全だと言えるでしょう。

 

 

最近では、体への副作用もない睡眠を促進するサプリメントなどもあります。
体への負担を考えれば、体にやさしいサプリメントなどから
始めてみるものおススメです。

 

 

≫私が実際に試してみたサプリはコレ

 

≫不眠症改善までの体験談はこちら