潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

不眠症とは?

「不眠症」というと
寝ようと思っても眠れないこと、というイメージを
持っているかもしれませんが、
実はそれだけではありません。

 

一度眠っても眠りを維持できない、
起きなくてはいけない時間よりも前に目が覚める、
睡眠時間は十分だけど寝た気がしないというのも不眠症の症状です。

 

 

つまり、普通に寝て、
その眠った状態を
起きる時間まで正常に維持できないのが不眠症なのです。

 

最近では、日本人の5人に1人は不眠症と言われていて
男性よりも女性の方が多いとされています。

 

また、年代別で見ると若年層には少なく、
30代以降になると少しずつ増えていき、
高齢になると急激に不眠症を訴える方が多くなっています。

 

 

不眠症の症状は4種類

不眠症は大きく分けると、
入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の4つの症状があります。

 

【入眠困難】
入眠困難とは、床に入って
30分以上たっても眠れないという不眠症の症状。

 

これは不眠症の中でも一番多い症状になります。

 

「眠らなくてはいけない」という焦りや
「眠れなかったらどうしよう」という不安のため、
さらに眠れなくなるという悪循環を繰り返してしまうのが
入眠困難の特徴です。

 

 

【中途覚醒】
中途覚醒は、眠っている間に何度も目が覚めてしまう症状です。

 

 

【早朝覚醒】
早朝覚醒は、本来起きるべき時間より
早くに目が覚めてしまう不眠症の症状です。

 

眠気や疲れは残っているのに
その後は眠れなくなってしまうというケースが多くみられます。

 

 

 

【熟眠障害】
熟眠障害は、睡眠時間は十分にとっているのに疲れが取れない、
日中に何度も眠気に襲われるという症状です。

 

 

このように一言で不眠症と言っても
不眠症にはいろいろな症状があります。

 

 

不眠症が引き起こす体への影響は?

睡眠は体の疲れを回復させたり
臓器の免疫力をアップする役割、
成長ホルモンを分泌させて髪の毛や肌などの
代謝を促進する働きを持っています。

 

もし、睡眠が十分に取れないと
体の機能自体が低下して
体にもあらゆる症状があらわれます。

 

 

例えば、不眠症になると、
新陳代謝が乱れるため、
ニキビや肌荒れが起こりやすくなる、
抜け毛が増えて薄毛になるなどの症状が起こることもありますし、

 

内臓器官をきちんと休ませることができないので、
胃痛や嘔吐感、ひどくなると内臓器官に障害が起こってしまいます。

 

また、精神的に不安定になり
イライラやうつ病などの症状も起こりやすくなりますので、
少しでも眠りに異常を感じたら早めに改善策を取りましょう。

 

 

最近では、体への副作用もない睡眠を促進するサプリメントなどもあります。
体への負担を考えれば、体にやさしいサプリメントなどから
始めてみるものおススメです。

 

 

≫私が実際に試してみたサプリはコレ

 

≫不眠症改善までの体験談はこちら