潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

不眠症の原因は「セロトニン不足」

不眠症の原因はストレスや不安、緊張などの
精神症状などが挙げられます。

 

こういった症状が引き起こされる
原因の一つがセロトニンの不足です。

 

 

セロトニンというのは、神経伝達物質の一つ。
脳内で人間の精神活動に対して
大きく関係している物質です。

 

セロトニンは、簡単に言うと
「癒しを与えて幸せを感じさせてくれる」働きがある物質です。

 

 

つまり、セロトニンが十分に脳に分泌されていれば、
ストレスを感じることも少なく、
不安や緊張があってもそれを緩和してくれるのです。

 

 

逆にセロトニンが不足すると
ストレスが溜まりやすくなったり、
ちょっとしたことでも不安になったり
緊張したりしてしまい、
その不安定な精神状態がずっと続くことになります。

 

 

ですので、不眠症の根本的な原因は
セロトニンが不足しているからと言えるのですね。

 

セロトニンが不足してしまう理由は?

セロトニンが不足する理由もいろいろありますが、
中でも一番影響を及ぼしているのが、
現代人のライフスタイルだと言われています。

 

飲食店やアミューズメントパークなどは
24時間営業しているところも多くなり、

 

パソコンやスマホなどでも、
24時間常にいろんな情報を仕入れたり
遊ぶこともできるようになりました。

 

 

また、ゲーム機器もたくさんの種類が発売されているので、
家の中でも飽きることなくずっと遊んでいることが出来ます。

 

 

それに、仕事でもフレックスタイムが導入されたり、
長時間勤務やダブルワークもできるようになっているので、
今までに比べて働いている時間も大幅に増えていますよね。

 

 

こういった常に忙しいライフスタイルに変わってきたことで、
食事時間はもちろん睡眠時間も不規則になり、

 

生活にメリハリがなくなったことが、
セロトニン不足を引き起こしているのです。

 

 

またセロトニンというのは、
睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌を
促進する働きを持っています。

 

ですので、セロトニンが不足すると
メラトニンの分泌も低下して不足します。

 

メラトニンが不足すると
リラックスができなくなって、

 

自然な眠気が起こらなくなり、不眠症の原因になってしまいます。
ですので不眠症を根本から治すには、
睡眠薬で無理やり眠るのではなく
セロトニンを増やすということが
実は重要なポイントになるのです。

 

 

最近では、体への副作用もない睡眠を促進するサプリメントなどもあります。
体への負担を考えれば、体にやさしいサプリメントなどから
始めてみるものおススメです。

 

 

≫私が実際に試してみたサプリはコレ

 

≫不眠症改善までの体験談はこちら