潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

睡眠薬「ハルシオン」とは?

睡眠薬の中でも、
もっともメジャーな薬と言えるハルシオンは、

 

睡眠障害になったことがない人でも
名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

 

ハルシオンは、睡眠導入剤という種類の睡眠薬で、
基本的には医療機関を受診した上で処方されるもの。

 

ですので、ドラッグストアやインターネットなどで
ハルシオンを購入することは出来ません。

 

ただ、普通なら睡眠薬は
心療内科や精神神経科などで処方されるものですが、

 

ハルシオンは必要が認められた場合には
内科でも処方されるので、
一般的にとてもよく知られているのでしょう。

 

 

睡眠導入剤は、
ハルシオンのように短時間ですぐに眠れるというタイプと、
眠っていられる時間を長く出来るスタミナ型のタイプがあります。

 

 

スタミナ型の睡眠薬の場合は、
薬の効き目が長いので
眠れたとしても倦怠感が残ったり、
眠ってもまだ眠気が残るという状態になることが多いのですが、

 

ハルシオンの効果は短時間じか持続しません。
翌日に持ち越さないというのが人気の秘密でしょう。

 

ハルシオンは超短時間型の睡眠導入剤なので、
服用するとすぐに眠気が訪れるので、
とにかく寝つきが良くなるという効果があります。

 

 

 

睡眠障害の多くは、
床に入っても眠ることが出来ないという
「入眠障害」という症状が出るのですが、

 

寝つきが悪いと「眠らなくてはいけない」という焦燥感や
「眠れなかったら」という不安感から
余計に不眠になってしまいます。

 

 

そういった時に、
ハルシオンはとにかく寝つきに対して強力な効果があるので、
入眠障害に悩んでいる方でも寝つきの悪さを簡単に解消出来るのです。

 

 

ハルシオンの副作用は?

ただし、ハルシオンは効果が強いだけに
飲み続けると依存症になってしまったり、
副作用も多いので服用するには注意が必要です。

 

 

ハルシオンの副作用は、

 

錯乱したり攻撃的になったり
夢遊病などの精神的症状、
食欲の低下や、
黄疸症状などの肝機能障害、
息苦しくなったり
動悸が起こる呼吸器系症状などがあります。

 

 

また急に服用をやめると意識が飛んだり、
錯覚や幻覚が引き起こされるなどの副作用も報告されています。

 

ちなみに、海外ではハルシオンの処方が禁止されている国もあるので、
どんなに効果が高く寝つきが良くなったとしても、
副作用で悩まされることがあるというのを覚えておきましょう。

 

 

最近では、体への副作用もない睡眠を促進するサプリメントなどもあります。
体への負担を考えれば、体にやさしいサプリメントなどから
始めてみるものおススメです。

 

 

≫私が実際に試してみたサプリはコレ

 

≫不眠症改善までの体験談はこちら