潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

潤睡ハーブのおかげで薬を飲まずに不眠症を克服!

 

潤睡ハーブ

潤睡ハーブを飲み始めて、
1か月とちょっと経ちました。

 

 

3週間目くらいから、
すとんと眠りにつける日があったり
やっぱりなかなか眠れない日があったり。

 

 

まだまだ睡眠に対して不安は続きましたが、
1カ月たった今は、そんな心配も不要なくらい。

 

毎日、不安を感じることなく、
スムーズに入眠できるように
なりました。

 

 

 

睡眠薬をのまなくても
不眠症が改善してきた!


 

 

しかも、潤睡ハーブを飲み始めて
スムーズに寝付けた日は、

 

翌朝、目覚ましが鳴るまで目覚めることもなく
更に、目覚めた時も、すごくスッキリとしています。

 

 

 

健康に眠るってこういう事なんだ!
それが実感でき、眠れるという事に幸せを感じています。

 

 

マインドガード以外に実践したこと

 

この1か月間、潤睡ハーブを飲みながら、
同時に、以下の事も実践しました。

 

 

あなたが不眠症を克服するのに
少しでも役立てていただければと思います。

 

 

 

【耳栓】

 

冷蔵庫の音や、時計の音など
些細な音も気になっていました。

 

最初は、耳栓をして眠ることに違和感がありましたが
慣れてしまえば、無音で眠ることは、
入眠にとても効果がありました

 

ただ、目覚ましの音が聞こえないので、
バイブモードにしておくのを忘れないようにしなくてはいけません。

 

 

 

【ストレッチ】

 

基本的に運動は好きではないので、本格的にはしません。

 

背中を伸ばしたり、肩を回したり
簡単なストレッチで肩こりを改善し、
血行をよくしました。

 

1日3〜5分程度です。
が、リラックス効果は抜群です。

 

あとは姿勢がキレイになってきたという嬉しい効果も得られました。

 

 

 

【ホットミルク】

 

食後にホットミルクを飲むようにしました。
体が温まり、とてもリラックスできます。

 

寝る直前に飲んでしまうと、夜中にトイレが近くなりますので
それなりの調整が必要です。

 

 

 

【温タオルで足を拭く】
どうしても眠れないときは、
蒸しタオルで足だけを温めました。

 

ぬらしたタオルをレンジでチンし、
蒸しタオルにして足を拭きます。

 

 

実はこれ、看護師の友達に教わった方法なのですが、
寝付けない患者さんがいた時は
温かいタオルで足を拭いてあげるそうなんです。

 

 

そうすることで、血行が良くなり、気持ちが落ち着くんですって。

 

眠れない日に実際にやってみると、
これが一番リラックス効果が高い気がします。

 

 

 

 

不眠症を改善するために、
潤睡ハーブを毎日飲む以外にも、
これらを実践しました。

 

どれもそんなに難しくなく
私にとって負担・ストレスにならなかったことが
実は、不眠を改善できた一番のポイントなのかもしれません。

 

 

 

 

 

睡眠薬ではなく、
潤睡ハーブを飲むという選択肢を選んだことで
精神的な不安はなくなりましたし、

 

これでだめなら睡眠薬を飲めばいいや…という
心の余裕も生まれてきました。

 

 

ぐっすり眠れるようになってきた

それが、私の場合はうまく作用し、

 

くよくよ悩んだり、
眠れないことを
不安に感じたりすることが

自然に減っていった気がしています。

 

 

それに、なんとなくですが
潤睡ハーブを飲み始め
精神的にも非常に落ち着いてきました。

 

 

もちろん、不眠は人それぞれ。
原因も悩みの深さも違うので
一概に「これがいい」とは言い切れません。

 

 

ですが、私は、潤睡ハーブのおかげで
以前のような健康的な睡眠ができるようになりました。

 

 

 

潤睡ハーブ

 

睡眠薬に頼る前に、
潤睡ハーブは試してみても

損はないサプリだと思います。

 

 

 

なぜなら、潤睡ハーブは
睡眠薬のように、強制的に眠りを誘うのではなく、

 

体に負担をかけずに
不眠を根本から改善してくれるのですから!

 

 

睡眠薬を試す前に、
根本からに不眠を解消してみませんか?

 

 

 

潤睡ハーブ公式サイトはこちら