潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

入眠障害とは?

 

入眠障害とは、
寝ようと思って床についても
30分から1時間ぐらいかからないと
眠ることが出来ないという症状の睡眠障害です。

 

 

普通に眠ることが出来る人だと、
床に入ってから入眠するまでの時間は
10分から15分というのが平均的。

 

ですので、30分以上かかるということは
入眠までの時間が大幅にかかっているということになります。

 

 

もちろん、寝つきがいい人悪い人、
その日の体調や体の疲れ具合なども関係してくるので、

 

ごくたまに「寝付くことが出来ない」という場合は
それは入眠障害の症状ではありません。

 

 

ですがすごく疲れていたり、
眠気があったりするのに
毎日寝つきが悪いという場合は、
入眠障害の可能性があるので注意が必要になります。

 

 

入眠障害の原因は?

 

入眠障害の原因は、いろいろなことが挙げられますが
特に、交感神経が活発になっているということが多いようです。

 

 

ストレスを感じていたり、
気持ちが落ち着かないという状態の時には
交感神経が優位になるため、
眠りに入るための副交感神経が働かなくなります。

 

また明るさというのも交感神経を刺激するもので、
部屋が明るかったり、
寝る直前までテレビやパソコンを見ていると
眠くても眠れないという状況になってしまうのです。

 

 

さらに、不規則な生活習慣を送っていると
体内時計が狂い、眠りを誘発する
メラトニンが分泌されるタイミングがずれてしまうため、
入眠障害が引き起こされます。

 

 

入眠障害の対策は

 

入眠紹介を改善するための対策としては、
まずは、ストレスが溜まらないようにする、
寝る前のテレビやパソコンは控える、
部屋の明かりを暗めにして交感神経を鎮めるようにするなどが効果的です。

 

 

また、副交感神経を働かせるためには
リラックスをするのが一番大切です。

 

例えば、ぬるめのお湯にゆっくり入ったり、
ヒーリングミュージックを聴いたり、
好きな香りのお香をたくなどし
リラックス効果を高めましょう。

 

 

治療方法となると、
やはり心療内科やクリニックなどで
睡眠薬を処方してもらうというのが一般的。

 

ですが、睡眠薬は副作用を伴うため
不眠が改善できても日常生活に支障をきたすこともあります。

 

 

自分ではどうしても改善出来ない場合は、
メラトニンなどが配合された不眠用のサプリメントなどで治療しましょう。

 

 

最近では、体への副作用もない睡眠を促進するサプリメントなどもあります。
体への負担を考えれば、体にやさしいサプリメントなどから
始めてみるものおススメです。

 

 

≫私が実際に試してみたサプリはコレ

 

≫不眠症改善までの体験談はこちら