潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

市販の睡眠薬は本当に効果がある?

睡眠薬は、睡眠改善薬と睡眠導入剤の2種類があります。
市販されている睡眠薬のほとんどは睡眠改善薬になります。

 

睡眠改善薬というのは、
抗ヒスタミン薬の副作用である催眠作用を利用した薬で、
眠くならないという状態を改善して
眠気を促す効果を持っています。

 

 

ただし、睡眠改善薬は、
睡眠導入剤のように深い眠りを促すものではなく、
あくまでも「眠くなる」という状態を作り出すだけなので、

 

体力を回復したり
ダメージを修復出来るような
質の高い睡眠が取れるという効果が期待できるわけではありません。

 

結局、睡眠改善薬の効果によって眠くなったとしても、
睡眠障害を引き起こしている
根本的な原因は解決できていないという事なのです。

 

 

ですので、市販の睡眠薬を飲むことで
眠ることは出来たとしても
浅い眠りになることがほとんど。

 

 

さらに、睡眠改善薬のような市販の睡眠薬を常用していると、
体が慣れてしまって効かなくなったり、
量を増やさないと効果が出ないように
なってしまうという弊害も起こりやすいのです。

 

市販の睡眠薬「ドリエル」と「プロリズム」 効果と副作用

市販の睡眠薬の種類はいろいろありますが、
中でもドリエルとプロリズムというものが有名です。

 

ドリエルは2003年に
エスエス製薬から発売された睡眠補助薬、
プロリズムはカイゲンから発売されている催眠鎮静薬です。

 

どちらもジフェンヒドラミン塩酸塩が主成分となっています。

 

効果は、一時的な不眠の症状を緩和するというもので、
寝つきが悪い入眠障害や中途覚醒などを
改善する効果が期待出来ます。

 

 

ここで気をつけたいのが、これらの市販の睡眠薬の副作用!

 

ジフェンヒドラミン塩酸塩自体には
深刻な副作用はないものの、

 

口や喉を乾燥させてしまうため
免疫力が低下したり、胃が荒れることがあります。

 

 

さらに常用していると、
頭痛や倦怠感、神経過敏、
動悸や判断力の低下などの副作用も起こったりするので
注意しなくてはいけません。

 

 

また睡眠薬の容量を間違えたり、
風邪薬と併用したりすると

 

いくら眠っても眠気が続いたり、
突然強い眠気に襲われるなど
一時的に意識障害が起こることもあります。

 

市販薬というと体への悪影響が少ないように感じるかもしれませんが、
これだけの副作用が起こる可能性があるのも事実です。

 

眠れないからといって
安易に市販の睡眠薬を使うのはやめたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

最近では、体への副作用もない睡眠を促進するサプリメントなどもあります。
体への負担を考えれば、体にやさしいサプリメントなどから
始めてみるものおススメです。

 

 

≫私が実際に試してみたサプリはコレ

 

≫不眠症改善までの体験談はこちら