潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

睡眠は健康維持に欠かせません

健康を保つためには
適度な運動と栄養バランスの良い食事、
そして質の良い睡眠を取ることが大切です。

 

 

中でも睡眠はとても重要で、
睡眠がきちんと取れていないと

 

栄養素を吸収分解する内臓器官が正常に働きません。

 

また、脳を休めることも出来ないので
ホルモンの分泌が低下したり、
運動をしても疲れが残ってしまい
新陳代謝も活性化できなくなります。

 

そして、脳を休ませられないと、
体の機能を回復させたり
修復することもできなくなるだけではなく、

 

精神の健康状態も悪化させてしまいます。

 

つまり、健康な体は
健康な睡眠ありきと言えるのです。

 

 

質の高い睡眠をとるためには

ですが、ここで間違ってはいけないのが、
ただ単に眠っていれば
健康な睡眠というわけではないということです。

 

例えば、理想的な睡眠時間は8時間と言われていますが、
例え8時間寝ても、休みの日に寝だめをしても、
眠りの質が悪ければ健康な睡眠とは言えません。

 

 

質の高い眠りというのは、
天然の睡眠薬と言われるメラトニンと
疲れを回復させる成長ホルモンがしっかり分泌され、

 

ノンレム睡眠とレム睡眠がリズムよく行われることで得られます。

 

 

メラトニンは、夜になって暗くなると分泌が高まり、
体に眠れという指示を出す物質です。

 

これがきちんと分泌されていると
リズムよく睡眠を取ることが出来ます。

 

 

また、成長ホルモンは、体と精神の疲労回復に必要なもの。
その成長ホルモンが分泌されるのは
夜の10時から夜中の2時になります。

 

つまり、眠る数時間前には、
部屋全体を暗めにしてメラトニンを分泌させ、
10時か遅くても11時に寝るというのが、
眠りの質を高めて健康な睡眠を取るための基本となるのです。

 

そしてもちろん睡眠時間の長さも
健康な睡眠には重要な要素です。

 

ただ、これは人によって違うものなので、
一概には言えないのですが

 

目安としてはやはり7時間から8時間がいいでしょう。

 

 

ただしこれはあくまでも目安なので、
睡眠時間にはあまりこだわらず、
それよりも眠りの質を重視して
健康な睡眠を取るようにすることが大切です。

 

 

最近では、体への副作用もない睡眠を促進するサプリメントなどもあります。
体への負担を考えれば、体にやさしいサプリメントなどから
始めてみるものおススメです。

 

 

≫私が実際に試してみたサプリはコレ

 

≫不眠症改善までの体験談はこちら