潤睡ハーブで不眠症克服体験レビュー

「うつ病」になれば「不眠症」になるの?

不眠症の症状は
うつ病の症状の一つで、ほとんどの患者さんにその症状があらわれます。

 

「不眠症」と「うつ病」をイコールで考えている方もいるでしょう。

 

うつ病というのは、
心が病気になってしまっている状態なので
説明するのが難しいのですが、

 

簡単にいうと精神的に落ち込んだり、
何に対してもやる気が起きない状態。

 

やらなくてはいけないこともできなくなり
日常生活に支障をきたしてしまいます。
そしてあらゆる欲も低下するので、
食欲がなくなって痩せてしまうこともありますし、
睡眠欲がなくなるので不眠症になることもあります。

 

 

もちろん、うつ病じゃなくても
憂鬱になったり不安が続いたりすることも。

 

こういった精神状態になれば、
食欲や睡眠欲などが減退することもあります。

 

 

うつ病による不眠症を解消する方法

基本的に人間には
自然治癒力というのが備わっています。

 

ですので、時間がたったり、
物事が解決すれば精神状態も元に戻っていきます。

 

この自然治癒力を司っているのが脳のエネルギーで、
脳のエネルギーが不足していなければ、
ほとんどの場合、精神状態は回復して
元気になることができるのです。

 

 

脳のエネルギーをたもつためには、
栄養分をしっかり摂取することも大事なのですが、

 

もう一つ重要になるのが睡眠です。

 

 

しっかりと睡眠が取れていれば、
脳内の働きも正常に行われるので
エネルギーが不足することもありません。
すると、どんな精神状態になっても
元気に回復させることが出来ます。

 

 

しかし睡眠が十分に取れていないと
エネルギー不足になり、自然治癒力も低下してしまうのです。
すると、、不安や悩みを抱えた状態のままになり
うつ病が引き起こされる可能性も出てきてしまいます。

 

ですから、不眠症になることで
うつ病が発症することがあるのも否定出来ないのです。

 

 

このように、不眠症とうつ病は密接な関係があります。

 

ただし、うつ病になると不眠症になる、
不眠症になるとうつ病になるということもあるのですが、
必ずしもイコールということはありません。

 

 

双方を誘発することが多いのは事実ですが、
根本的な原因は違うところにあるので、
神経質になりすぎないでください!

 

あくまでも違う疾患として割り切って考えましょう。

 

 

 

最近では、体への副作用もない睡眠を促進するサプリメントなどもあります。
体への負担を考えれば、体にやさしいサプリメントなどから
始めてみるものおススメです。

 

 

≫私が実際に試してみたサプリはコレ

 

≫不眠症改善までの体験談はこちら